JOBchange.com

貿易事務への転職を目指そう

貿易事務とは

貿易事務とは、言葉の通り貿易に関連する事務の仕事になります。もちろん、通常の事務職とは違い、貿易の基本的な知識を要求されるので、専門性が高い職種と言えるでしょう。

貿易事務をおすすめできる人

no.1

コミュニケーションが好きな方

貿易の仕事は、海外からの方々とコミュニケーションをとることが仕事です。そのため、コミュニケーションが得意な方におすすめできる職種になります。特に、海外の方と話すことで英語のスキルを目指したい方は貿易の仕事をするべきでしょう。

no.2

多文化に興味がある方

世界中から沢山の人種や文化が混同するのが貿易です。だからこそ、多文化交流によって、多くの国のことが学ぶことができるのです。他の国の文化や言語、または生活などに興味がある方には貿易の仕事はおすすめでしょう。

no.3

ルーティンワークが得意な方

貿易事務というものは、基本的に毎日仕事内容が同じルーティンワークになります。それは、新しい取引相手ができても変わらないことで、日々の仕事内容が退屈だという方もいらっしゃいます。そのため、作業に没頭できる方やルーティンワークが好きな方が望ましいです。

貿易事務について

男性

貿易事務の仕事内容

貿易事務の仕事内容は基本的には輸出入業務で英文書類の作成や運送便、倉庫の手配などです。しかし、貿易事務と言っても様々な仕事があり、働く企業は会社によって仕事内容が変わってきます。場合によっては、海外の方との交渉や貿易商品の受発注などを担当することもあります。

貿易事務へ転職

貿易事務への転職を目指すなら、資格の取得をおすすめします。今では、未経験者でも貿易事務として雇ってくれる会社もあります。しかし、将来的に貿易のエキスパートを目指すなら、貿易に関する基礎知識と英文スキルを学んで、資格取得を目指しましょう。

広告募集中